Your browser is not fully supported. Please upgrade your browser.

スキップする
ウェルネス

眠りのサイエンス


眠りにつくのは思っているより簡単かもしれません。羊を数えるのではなくウールを着れば良いのです。

成人から高齢のグループを対象に、睡眠に関する科学的な検証が行われました。その結果、ウールを着て寝ると、睡眠時の「快適体温ゾーン」の範囲内に体が保たれることが分かりました。

メリノウール着用時と他の繊維の衣類着用時を比較すると、メリノウール着用時の方が、高齢の方は少なくとも10分、成人の方は少なくとも4分早く眠りにつきました。

ウール着用時、眠りにつくまでに成人の方の時間はたった12分でしたが、ポリエステルでは22分、コットンでは27分かかりました。
シドニー大学
シドニー大学

シドニー大学の研究者らがザ・ウールマーク・カンパニーの協力を得て行った最近の研究によると、ウール着用時、眠りにつくまでに成人の方の時間はたった12分でしたが、ポリエステルでは22分、コットンでは27分かかりました。

この研究によって、天然繊維は合成繊維のものと比べて熱と湿気をよく伝え、優れた体温調節機能を持っていることが明らかになりました。

“ウールは他の繊維よりずっと優れた体温調節機能を持ち、体をいわゆる『快適体温ゾーン』に保ってくれます。結果として早く眠りに落ちて長時間眠れるだけでなく、より深くより質の良い眠りが得られるのです”

Chin Moi Chowシドニー大学准教授

この研究ではまた、ポリエステルやコットンのナイトウェア着用時に比べウール着用時には、皮膚内の湿気が低くなり、その結果よりぐっすりと眠れることも分かりました。

“Chin Moi Chowシドニー大学准教授は言う「ナイトウェアの布地に関する継続的研究によって睡眠時のウール着用のメリットが明らかになりました。これは決して偶然ではないでしょう。ウールは他の繊維よりずっと優れた体温調節機能を持ち、体をいわゆる『快適体温ゾーン』に保ってくれるからです。結果として早く眠りに落ちて長時間眠れるだけでなく、より深くより質の良い眠りが得られるのです”

やはりシドニー大学とザ・ウールマーク・カンパニーにより行われ、Nature and Science of Sleep (2016) に掲載された研究では、ナイトウェアと寝具の布地が睡眠に及ぼす効果が気温17°C 及び 22°Cにおいて調べられています。

この研究では17人の若く健康な成人を対象に9夜にわたって睡眠ポリグラフ検査が実施され、スーパーファインメリノウール着用時とコットン着用時の比較が行われました。それによるとスーパーファインメリノウール着用時の方が眠りに落ちるまでの時間はずっと短く、合計睡眠時間は長く、睡眠効率も良いという傾向が見られました。眠りに落ちるまでの時間はメリノウール着用グループで11分、コットン着用グループで15分で、前者の方が平均4分早く眠りに落ちていました。

ウール製のパジャマ、毛布、掛布団、マットレスカバー、枕などは、きっとより良い眠りをもたらしてくれるでしょう。

28 11 2019
スポーツウェア

Move in Wool

28 11 2019
メリノウールは、もともと機能的な繊維であり、世界最高のテクニカル素材の1つです。
19 10 2019
ファッション

BYBORREが20年春夏 TDK Edition™のメリノミニコレクションを開催

19 10 2019
アムステルダムに拠点を置くテキスタイル製品スタジオBYBORREはテキスタイル製品の技術革新に新境地を開き続けています。今回、メリノウールのミニコレクションを開催しました。
16 9 2019
ファッション

Helen Kaminski pivots to a sustainable direction for winter

16 9 2019
職人の技とサスティナビリティの伝統を基盤とするヘレンカミンスキーは、AW19コレクションのメイン商品としてピュアメリノウールの製品を発売いたします。
04 9 2019
ファッション

3.1 フィリップリムより今までで最も天然なコレクション

04 9 2019
3.1 フィリップ リムの「Merino Series(メリノシリーズ)」が購入できるようになりました。デザイナーがサステイナブルなバランスを考え、ファーフリー宣言により、今までで最も天然なコレクションになりました。