Your browser is not fully supported. Please upgrade your browser.

スキップする
ウールケア

洗濯表示マークの意味


ウールの洗濯は簡単です。最適なお手入れのために、ウールの衣類についた取り扱い表示ラベルやロゴに従いましょう。

以下は、ザ・ウールマーク・カンパニーが認定した製品ご使用時のお手入れに関する洗濯絵表示の一覧です。これらの絵表示は、最も適した方法で洗濯が行えるように説明されており、ウールの洗濯を容易にしてくれます。これらの洗濯絵表示はウール製品の裏側につけられています。

 

40°C(または30°C)の弱水流

この表示は洗濯機で洗濯できるウール製品に ついています。この洗濯サイクルは洗濯時の 物理的な負荷が少ない事を表しています 洗濯物の量は少なくしてください。ドラムの3分の1以下が目安です。適切な洗濯サイクルを選ぶようにしてください。

Caring for wool, very mild wash

手洗い

手洗いする場合は、洗濯する製品に合わせて 30°C から40℃ のぬるま湯で洗ってください。まずたっぷりの水に洗剤を溶かします。洗剤を溶かした液に衣類を浮かせるように丁寧に浸透させます。ゴシゴシこすったり、引っ張ったり、絞ったりすることは避けてください。衣類をよくすすいだら、やさしく押して軽く脱水し、形を整えます。色のついた衣類やデリケートな衣類は手早く洗濯し、水に濡れた状態で長時間放置することはおやめください。

Caring for wool, hand wash

洗濯不可

この表示のある製品は洗濯できません。水分に弱い製品または家庭用の洗濯機に適さないサイズの製品には、この表示がついています。

Caring for wool, Do not wash

漂白不可

三角形に斜線の十字(聖アンデレ十字の形) がついたマークは、漂白剤を使用できないことを意味します。漂白剤無配合の洗剤のみを使用してください。

Caring for wool, Do Not Bleach

タンブラー乾燥不可

タンブラー乾燥に適さない製品。

Caring for wool, do not tumble dry

低温乾燥

タンブラー乾燥機を使用する場合は注意が必要です。使用する際は温度を下げ、乾燥時間を短くするなど、熱による刺激を減らすようにしてください。

Caring for wool, mild drying

中温でのアイロンがけ

アイロンをかける場合の温度は最高で150°Cです。ウール、シルク、ポリエステル、ビスコース(レーヨン)モードに合わせます。適度に湿らせた当て布をしてアイロンをかけます。スチームアイロンを使用してもかまいません。アイロンを強く押し当てることはおやめください。

Caring for wool, ironing

プロによるドライクリーニング

パーククロロエチレンや炭化水素 (ベンジン) を用いたプロによるドライクリーニング。

通常のクリーニングが可能です。特別な制限はありません。市販のシミ抜き液も使用できますが、条件のある場合があります。最初に目立たないところで 試してから溶剤を使用することをお勧めします。

Caring for wool, dry cleaning

これらの取り扱い表示は、GINETEX により所有され、許可を受けて使用されています。