Your browser is not fully supported. Please upgrade your browser.

スキップする
認証

ウールマーク・ロゴ

ウールマーク・ロゴは世界で最もよく知られているテキスタイル・ブランドで、牧羊業者と紡績工場、ブランド、そして消費者の長期にわたるこだわりを表しています。

50年以上にわたって消費者から信頼されてきたウールマーク・ブランドは、1964年にオリジナルマークが誕生して以来、50億を超える製品を飾ってきました。

ウールの傑出した多用途性と永続的パフォーマンス特性を示すウールマーク・ロゴは、サプライチェーンと末端消費者に品質への信頼を提供します。

ウールマーク認証には、以下の3つのおもなカテゴリーがあります:

 



ピュア・ニュー・ウール

新毛100%を使用した製品
 


ウール・リッチ・ブレンド

新毛を50%から99.9%使用した製品
 


ウール・ブレンド・パフォーマンス

新毛を30%から49.9%使用した製品



認証プロセス:


製品にウールマーク・ロゴを付すことを受け入れたメーカーとブランドのネットワークに参加するには、品質認証プロセスを経なければなりません。認証に関する詳しい情報はこちら をご覧ください。

糸も織物もガーメントもすべて、ザ・ウールマーク・カンパニーによって承認された認定試験機関で検査を受けた後に、ウールマーク・ロゴを付けることができます。

検査では、製品の耐久性、洗濯可能性、色落ち、繊維組成などを確認します。これには、ガーメントの繊維含量の検査や、洗濯した際にガーメントが型崩れしないかどうか、洗濯で染料が落ちないかどうかといった検査が含まれます。

こうした検査が終了して製品が合格すると、その製品はウールマーク認証ロゴを付すことができ、製品の繊維含量と品質を消費者に裏付けすることになります。



当社のライセンシー

当社は世界有数の有名メーカーや革新的メーカー、そしてブランドを、ウールマークのライセンシーとしてお迎えしていることを誇りに思っています。


 

 









 


 


ウールマーク・ブランドは今日まで品質の認証のみを目的としてきましたが、ますます多くの消費者が、購入する製品の出所を知りたがっていることから、サプライチェーン・インテグリティ・プログラムを開始しました。オーストラリアの牧羊業者は今後、ウールのベールにウールマーク・ロゴを付して、自身のウールをオーストラリア産として誇り高く宣伝できます。 オーストラリアの牧羊業者は、ここでステンシルを注文できます。.  

当社のライセンシーから新製品を購入する:


ウールマーク・ライセンシー・プログラムに関する詳細は こちらをご覧ください。.




現在の全ウールマーク・ライセンシーと製品 


世界中のメーカーと消費者からの信頼を得たザ・ウールマーク・カンパニーによって承認された製品は、厳しい検査によってその品質が裏打ちされています。 ウールマーク認証製品の仕様に関する詳細は、こちらをご覧ください。.

ウールマーク・ライセンシーとそのサブブランドの全リストはこちらでダウンロードできます。 

Latest News
24 5 2020
ファッション

インターナショナル・ウールマーク・プライズのデザイナーによるニッティング・パターン

24 5 2020
ダウンロード可能な無料のニッティング・パターンは、インターナショナル・ウールマーク・プライズのファッション・デザイナーにより作成され、デザイナーによるパターンをあなたの手元で編み上げることが可能です。
05 5 2020
インテリア

ウールのカーペットは清潔で、空気をきれいにする

05 5 2020
ウールのカーペットは屋内の空気をきれいにすることができ、自宅をできるだけ清潔にまた安全にするのに役立ちます。
29 4 2020
ウール繊維について

プラスチック・フリー生活のためのガイド

29 4 2020
もしあなたがビニール袋の禁止にとても喜んでいるなら、またはステンレスのストローやジム用のバッグにプロテインシェイカーを持ち込んでいるなら、そしてあなたがお気に入りのマイ・カップをどこにでも持ち歩いているなら、プラスチック・フリーな生活に向けて順調に歩んでいると言えるでしょう。
05 3 2020
ファッション

WARDROBE.NYCがトレーサブルなメリノウールによる「Release 05 Tailoring」コレクションをローンチ

05 3 2020
必要不可欠なワードローブに焦点を当てたWARDROBE.NYC(ワードローブ エヌワイシー)はニューヨークを拠点とするファッションブランドです。メンズ/レディース共にデイリーに着用する服をシンプル化しながら拡充することを目指しており、特に今季はトレーサブルな100%オーストラリア産メリノウールを使用しています。