Your browser is not fully supported. Please upgrade your browser.

スキップする
Research

ファッションにおけるLCAサステナビリティ評価ツールに「揺りかごから揺りかごまで」という発想が必要な理由


ウール業界は テキスタイル繊維の製品ライフサイクル全体を対象とした世界初のLCA研究(査読済み)を完了しました。

ウール衣服のLCA

今日まで、衣服の使用段階を含めたサプライチェーン全体を通しての環境負荷を考慮に入れたライフサイクル・アセスメント(LCA)の研究は限られていました。これまでの多くのLCA研究はサプライチェーンの一部分に着目したものだったからです。 この研究 はウール衣服の誕生から廃棄までのLCAを通じて情報格差を埋めることが目的です。

この研究で分かったことは、衣服が着られる回数がその服の環境負荷を最も大きく左右するということでした。 つまり、ウールの特性を理解している消費者こそが所有するウール衣服のサステナビリティに対し、最大の影響をもたらす力があると示しています。衣服の寿命を最大限に延長することで、全体の負荷を軽減することができるのです。

なぜ衣服の寿命が重要なのか

研究では総数を109回と推測しています。しかしながら、もし衣服がワンシーズンまたは15回の利用だけで廃棄された場合、環境および資源利用の負荷は5.8〜6.8倍となります。

着用回数の合計を400回まで増やした場合、環境負荷を49〜68%まで削減することができ、衣服の寿命を延長することで大幅な改善がみられることが明らかになりました。


繊維のライフサイクル・アセスメントツールで何ができる?

ライフサイクル・アセスメントツールは、原材料の生産から加工、製造、流通、使用、リサイクル、そして最終的に廃棄までのライフサイクルの全体にわたって、繊維が及ぼす環境負荷を測るためのツールです。

LCAはまだ発達段階にある新しい科学であり、環境格付機関、例えばサステナブル・アパレル連合(SAC)によるHIGGマテリアル・サステナビリティ・インデックス(MSI)はライフサイクル全体を対象とした環境評価指数ではありません。

Integrity AG& EnvironmentのDr Steve Wiedemannは、次のように説明しています。「使用段階、リサイクル可能性、生分解性、使用資源の再生可能性、マイクロファイバー、非生物資源の枯渇(鉱物)、非生物資源の生物蓄積などを含め、いくつかの重要な環境負荷とプロセスがMSIには含まれていません。」

この問題に対処がされなければ、MSIの科学的頑健性は限定され、よりサステナビリティの低い繊維の選択につながってしまいます。つまりこれは、サステナブルなアパレル産業の振興というSACの目標を損なう可能性があるのです。

DR WIEDEMANN, INTEGRITY AG & ENVIRONMENT 


なぜこれを間違ってはいけないのか


環境問題の専門家であるIntegrity AG & EnvironmentのDr Steve WiedemannとDr Kalinda Watsonによる研究はサステナブル・アパレル連合によるマテリアル・サステナビリティ・インデックス(MSI)の包括的な分析を行っており、このツールにはいくつかの欠陥があることを明かしています。

MSIは業界内での採用がますます進んでいますが、このLCAツールは現段階で、小売店に出るまでのサプライチェーンの前半部分のみしか対象としていません。使用段階や衣服がライフサイクルを終える段階など、環境負荷にとって重要な段階がMSIに含まれない限り、繊維別の比較には意味がありません。こうした問題に対処がされない限り、これらの矛盾は善意ある消費者をサステナビリティの低い繊維に導いてしまう可能性があります。

「消費者を含めたサプライチェーン全体を通して信頼のおける、頑健で、正確かつ確実な方法で導き出された意味のある評価が必要です。」

Dr Wiedemann, Integrity AG & Environment 


研究によって明らかになったこと:


MSIが包括的な環境計測ツールであるならば、これら要素は含まれるべきです。

報告書の全文はこちらからお読みください:

方法論的選択がウール生産の負荷推定に及ぼす影響と、LCAに基づいた評価システムの重要性

環境

マイクロプラスチックの増加

海洋にあるマイクロプラスチックのうち実に35%が合成繊維由来であり、着用中や洗濯中に脱落して環境に入り込む。プラスチックと衣類に使われる合成繊維の消費量が人口増加による需要を満たすために拡大するにつれ、その量は増え続けている。それに比べてウールなどの天然繊維はすばやく生分解されるため、環境への影響が少ない解決策となる。何を着るか責任を持って選ぶことで、私たちは最終的に地球を長期的に健やかに保つことに貢献できるのだ。

READ MORE

EUはLCAの方法論について検討を進めており、製品環境フットプリント(PEF)プログラムはアパレルとフットウェアを含む様々な製品の潜在的環境負荷を考慮しています。

ザ・ウールマーク・カンパニーはこれまでも、これからもサステナブル・アパレル連合などの組織が着手する環境負荷評価の工程へ積極的に貢献し続けます。ウール業界は繊維産業の環境負荷評価の研究開発に出資しており、これは真に必要かつ頑健で科学的に裏付けできる方法論に基づいたものです。

ウール業界は、衣服の環境フットプリントが正しく評価され、ファッション業界へ責任ある変化を及ぼすため、EUの重要な専門的フォーラムのいくつかにメンバーとして参加しています。ウール製衣類の環境フットプリントを削減する上で、注力すべき重要な分野を特定するためにもこのような評価は極めて重要です。

ウールの環境フットプリントについてもっと知る. 

KEEP READING
24 9 2019
Fashion

Ban Xiaoxue’s collection is made entirely from traceable Merino wool

24 9 2019
Chinese designer and International Woolmark Prize alumnus BAN XIAOXUE has released a traceable knitwear collection for Fall/Winter 2019.
10 7 2019
牧羊業者

再生農業と羊毛生産

10 7 2019
再生農業は生態系全体の健全性を向上させる。オーストラリアの牧羊業者は環境の保全に努めている。
20 5 2019
ウールが出来るまで

Nundle Woollen Mill

20 5 2019
Nundle Woollen Mill is one of the only wool manufacturers left in Australia and celebrates the country’s long wool history.
23 1 2019
ウールが出来るまで

Waverley Mills: an Australian icon

23 1 2019
This Tasmanian mill is producing luxurious Australian wool products from start to finish, and whilst it is the last wool manufacturer of its kind, a recent successful crowd-funding campaign has secured its future.