Your browser is not fully supported. Please upgrade your browser.

スキップする
ファッション

適切な着こなし


オーストラリアのデザイナー、ディオン・リーが、女性のためのスーツを一層スタイリッシュなものにするために取り入れたもの、それは自身の国の最大の輸出品、ウールだ。

2017年はディオン・リーにとって大きな1年だった。オーストラリアで最も多くの作品を発表しているコンテンポラリーファッションデザイナーの一人であるリーは、自身の名前を冠したブランドを一層成長させるためには北半球へ移転する必要があると考えていた。そこで彼はスタジオをニューヨークへ移転。まずメンズウェアラインに取り掛かり、次にプロフェッショナルな女性をターゲットにデザインした新しいカプセルコレクション、”SUIT” を発表した。SUITはウールをふんだんに使った10作品で構成され、同ブランドのDNAの進化形であるとともにこれまで十分対応されてこなかったキャリアを持つ女性向けのスーツ需要に応えたものだった。リーはこのブランドの拡大の機会に、初期から彼を勇気付け導いてきた女性たちへの敬意を表している。

(Left) Michelle A. Lee, Head of Americas, The Woolmark Company.  (Right) Alison Veness, Editor, 10 Magazine. 

今ではSUITはもはや単なる別のプロジェクトではなく、同ブランドの主要商品に組み込まれている。それも当然だ。仕立てのクラシックなカットは時代を超えた魅力を持つ生地とマッチしている。「SUITはブランドのメインコレクションのシーズン毎のメッセージではなく、ブランドの一貫したメッセージの上に築かれています」とディオン・リーはニューヨーク、トライベッカ地区にあるスタジオで語った。夏と冬の商品を2年続けて販売するブランドが珍しくないなかで、半期を空けない商品をもつのは珍しい。「どの季節でも対応できる作りを持ったデザインになっています。ウール自体、季節を問わず使えるものです。夏は風通しが良く、冬は保温性があります」。つまり、実質的にジャケットとパンツ商品はほとんど変わらないことになり、大方「変化」によって定義されるこの業界のビジネスモデルを覆すものだ。

このディオン・リーブランドに新しく加わったSUITに命を吹き込むため、これまで同社の成功に不可欠だった女性たちに捧げる特別のプロジェクトが企画された。ポートレート写真を専門とするオーストラリアの写真家であり、ディオン・リーの長年の協力者であるステファン・ワードが撮影した「ポートレート・シリーズ」だ。リーによれば、「プライベートと仕事の両面で私をサポートしてきてくれた女性たち」を一堂に集めたものだ。もちろん多数の女性の中には有名な顔も混じってはいるが、ディオンの仲間たちに女優やモデルが混じっている形で、同シリーズとリーのファッションがもつ親しみやすさを反映している。「私たちは日常着用できる仕立ての良い現代ファッションを求める強い女性たちの要望に応えます」

(Left) Christine Centenera, Fashion Director, Vogue Australia. (Right) Nicole Warne, Gary Pepper Girl.

「SUITポートレート・シリーズを、私たちの仕立ての良さを理解してもらう手がかりにしたかったのです。SUITファッションを身にまとう素敵な女性たちを見てもらい、それぞれの女性の解釈が大きく異なることを示したかったのです」とリーは語った。彼女たちはブランドの2009年の設立当時から様々な課題があったニューヨークへの移転時代、そして、今現在までディオンを変わらずサポートしてきた女性たちだ。ディオン・リーは当初からシャープでアーキテクチャーなアイテムと、何よりも認知や直感に結びつくデザインでボディを見せたり隠したりする複雑なパターンカットで知られてきた。例えば、SUITのあるジャケットでは、ラペルから外腕にかけて肩の上部を切り落とし、胴体部分に洗練された水平ラインを描き、鎖骨を見せる。この種の作品に現れているのはリーのテクニックの強みだけでなく、リーのファッションを身にまとう女性の強さである。

リーのファンが増え続けている理由は、彼の衣服の中に女性が見い出す知性だ。しかしリーはまた、顧客のニーズへ応えることが、ブランドの成功に貢献したと考える。「私は常に仕立てに魅力を感じていましたが、お客様が私たちのところにきてくださる理由は製品の仕立ての良さでした。プロフェッショナルな女性向けのワードローブ、つまり職人技とプレミアムな生地に重点を置いた美しい仕立てのワードローブを開発するチャンスだったのです」。女性用スーツが復活へ向かう傾向は明らかだ。パリコレクションでは数シーズンにわたって80年代にインスピレーションを受けたランウェイに登場し、大西洋の向こう側では、最近のヒラリー・クリントンのアメリカ大統領選キャンペーン中に1つのシンボルとなった。リーが女性用「プロフェッショナル・ワードローブ」へ焦点を合わせたのは、絶好のタイミングだったのだ。

Sophie Joy Wright