Your browser is not fully supported. Please upgrade your browser.

スキップする
イベント&メディア

インターナショナル・ウールマーク・プライズ

メリノウールの多様性と美しさを紹介する世界中の優れたファッション界の才能にスポットライトを当てるインターナショナル・ウールマーク・プライズは、次代を担う若きファッションデザイナーにとって世界でももっとも栄誉あるアワードです。

およそ50カ国の300人を超えるファッション デザイナーが今年のインターナショナル・ウールマーク・プライズに応募しました。2020年2月に行われるファイナル大会に進出する10名のデザイナーが審議会エキスパート・アドバイザリー・カウンシルにより選出されました。ファイナル大会で各デザイナーは、トレーサビリティ―(サプライチェーンの透明性)に対応した、6つのメリノウールルックのカプセルコレクションを披露します。優勝者1名に20万豪ドル、加えて製品または製造方法において卓越したイノベーションを示したデザイナー1名に10万豪ドルが贈られます。

インターナショナル・ウールマーク・プライズ

2020インターナショナル・ウールマーク・プライズ優勝者は、RICHARD MALONE(リチャード・マローン)とBODE(ボーディ)

2020年のインターナショナル・ウールマーク・プライズの優勝者が発表され、RICHARD MALONEがウールマーク・プライズを受賞し、BODEが今年新設されたインベーション部門のカール・ラガーフェルド・アワードを受賞しました。

Discover the looks

インターナショナル・ウールマーク・プライズ

村上隆とキム・ジョーンズがインターナショナル・ウールマーク・プライズ2020ファイナル大会を審査

ロンドン・ファッションウィーク中に開催される、インターナショナル・ウールマーク・プライズ2020ファイナル大会の優勝者がまもなく決定します。10名のファイナリストが最終仕上げに忙しく取り組んでいる中、業界の専門家とファッション・テイストメーカーで構成された審査員たちが、ファイナリストのコレクションを審査します。

Read more

ファイナル大会に進出するデザイナーを選ぶ審議会エキスパート・アドバイザリー・カウンシルは以下の通り、

  • 向千鶴「WWDジャパン」編集長
  • マニッシュ・アローラ(Manish Arora)/「マニッシュアローラ」デザイナー
  • リヴィア・ファース(Livia Firth)/エコ-エイジ(Eco-Age)共同創立者兼クリエイティブ・ディレクター
  • ケイト・ヤング(Kate Young)/スタイリスト
  • ルー・ヤン(Lu Yan)/モデル
  • ネルソン・ムイ(Nelson Mui)/レーンクロフォード、ディレクター・オブ・ファッション
  • ファビアン・モンティーク(Fabien Montique)/ディレクター、フォトグラファー
  • フロリアン・ド・サンピエール(Floriane de Saint Pierre)/フロリアン・ド・サンピエールエ アソシエイツ 創立者
  • ティム・ブランクス/「ビジネス・オブ・ファッション」エディター・アット・ラージ
  • サラ・ムーア/「com」チーフ・クリティック
    サラ・ソッツァーニ・マイノ/イタリア版「ヴォーグ」副編集長、「ヴォーグタレント」主催
  • ガート・ジョンカーズ(Gert Jonkers)/「ファンタスティックマン(Fantastic Man)」共同創立者 兼 編集長
  • コリン・マクドウェル(Colin McDowell)/ファッション・コメンテーター
  • クリスティン・センテネラ(Christine Centenera)/オーストラリア版「ヴォーグ」ファッション・ディレクター、ワードローブNYC(NYC)共同創立者
  • アリソン・ヴェネス(Alison Veness)/オーストラリア版「10」「10 メン(10 Men)」エディター、オーストラリア版「ヴォーグ」ディレクター・アット・ラージ
  • クリスティアーヌ・アルプ(Christiane Arp)/ドイツ版「ヴォーグ」編集長

full-width-advisory.jpg

インターナショナル・ウールマーク・プライズは国際羊毛事務局によって1953年に初開催され、翌年にはアイコニックなファッションデザイナー、カール・ラガーフェルドとイヴ・サン=ローランが受賞しました。今日でもインターナショナル・ウールマーク・プライズは、オーストラリア産メリノウールを使用する優れたデザイナーを継続して発掘している。IWPは国や文化を超え、60ヶ国以上のファッション発信地から、インターナショナルなファッション業界で名が知れる前の新進デザイナーにスポットライトを当てています。IWPは優れたデザイナーのサポートを行うというザ・ウールマーク・カンパニーの伝統に従い、素晴らしい作品製作のためにウールを世界を先導していく革新的なデザイナーの手に委ねます。

FINALISTS – 2020

インターナショナル・ウールマーク・プライズ

インターナショナル・ウールマーク・プライズの輝かしい歴史

大きな影響を持つファッションデザイン・コンテストとして知られるインターナショナル・ウールマーク・プライズ。そのめったに語られることのない歴史は、ファッションの軌跡を学ぶ授業さながらに、過去及び現在のファッション業界のレジェンドをウールという繊維によって繋げている。 

さらに読む

地区大会は世界6地域、アジア、オーストラリア・ニュージーランド、イギリス諸島、ヨーロッパ、インド・パキスタン・中東、米国で開催されます。各地区大会の受賞者には賞金が授与され、ファイナル大会に進みます。ファイナル大会は伝統として、世界各地の主要なファッションウィーク期間中に開催されます。ファイナル大会のメンズウェア部門とウィメンズウェア部門の受賞者にはいずれもさらなる賞金が贈られると共に、メリノウールのカプセルコレクションがインターナショナル・ウールマーク・プライズのリテール・パートナーのネットワークを通じて、世界一流のブティックやデパートで販売される機会が与えられます。

同じく重要な意味をもつのがトレードパートナー・プログラムで、受賞デザイナーを最高のウール・サプライヤー、エキスパートで構成される審査員、さらに今後のビジネスに関する指針を与えてくれる知識豊富なメンターと結びつけます。また、ザ・ウールマーク・カンパニーのグローバル・ネットワークを介して、デザイナーと主要な紡績業者やテキスタイル・メーカーとのパートナーシップを確立します。それにより、デザイナーのビジネス構築期を支えるとともに、ファッション産業のダイナミックな未来を確実なものにするのです。

ビデオ
マッシュ― ミラーとボディスがインターナショナル・ウールマーク・プライズを受賞。