Your browser is not fully supported. Please upgrade your browser.

スキップする
ウールについて

ケア

ウールが素晴らしい繊維であることは誰もが知っている。だが、だからといってケアが面倒だという訳ではない。実際、ウール衣料は他の主要なアパレル繊維の衣料よりも洗濯が少なく済み、通常はるかに長持ちすることが証明されている。ウールには天然の防臭効果、汚れにくさや、元の形状を回復する力があり、その活用が鍵となる。

染みを抜くには…
バター、油脂、ソース
卵、ミルク
果物、ジュース、赤ワイン
チョコレート、ミルク入りコーヒー、紅茶
ブラックコーヒー
口紅、化粧品、靴クリーム
インク、ボールペン
アルコール飲料
血液
...
1

油染みができた場合は、まずスプーンかナイフで汚れの表面をこすり、余分な油を除去します。

2

商標のついたグリース除去剤または揮発油を染み込ませた糸くずの出ない布で、汚れた部分を優しくたたきます。

3
1

揮発油を染み込ませた布で染みの端の周りを優し くたたきます。

2

薄めたホワイトビネガ ーを染み込ませた布で優しくたたきます。 

3
1

消毒用アルコールと水3対1の混合液を作ります。

2

混合液で染みをすぐにたたきます。

3
1

揮発油を染み込ませた布で染みの端の周りを優し くたたきます。

2

ブラックコーヒーと同じ処置をします。

3
1

アルコールとホワイトビネガー1対1の混合液を作ります。

2

混合液に糸くずの出ない布を浸し、汚れた部分を軽くたたきます。吸水性のある布を優しく押し当てます。

3
1

テレピン油またはスポットクリーニング液を染み込ませた糸くずの出ない布で優しくたたきます。

2

中性石けん水ですすぎます。

3
1

中性の固形石けんまたは粉石けんを慎重に塗布します。

2

消毒用アルコールを染み込ませた糸くずの出ない布で優しくたたきます。

3
1

揮発油を染み込ませた糸くずの出ない布で優し くたたきます。

2

薄めたホワイトビネガーまたは消毒用アルコールを染み込ませた布で優しくたたきます。

3
1

糸くずの出ない吸水性のある布で優しくたたき、 余分な水分をできるだけ除去します。 

2

ぬるま湯と消毒用アルコール1対1の混合液を使用して、汚れた部分を慎重に拭き取ります。

3
1

湿ったスポンジで余分な血液をすぐに除去しま す。

2

最初に無希釈のホワイトビネガーで、次に冷水で、汚れた部分を慎重にたたきます。

3

ケア

一般的なお手入れ

洗濯方法に関係なく、ウール衣料は裏返して洗濯すること をお勧めする。そうすることで、新品時の風合いをより長く保つことができる。色移りを避けるために、濃い色と薄い色の衣類を洗濯前に分ける。また、濡れている状態で濃い色と薄い色の衣類を一緒にしないこと。ウール衣料を洗濯する際には、他にも一般的な取扱表示に従う必要がある。

さらに読む

ケア

ラグジュリーな洗濯

美しいウール・アイテムを身につけることは確かに人の心をとらえる。だがその背後にある労力、例えば衣類の手入れや、それ以前の生産・製造はそれほど注目されることはない。10年以上、ジャーナリストとして、またオーストラリアで最高の女性向けファッション、ライフスタイルマガジンでオピニオン・リーダーとして活躍してきたアレクサンドラ・ブラウンは、この業界の、あるバランスの悪さに気がついた。

さらに読む
Latest News
15 9 2017
ケア

ラグジュリーな洗濯

15 9 2017
元『Vogue』編集者アレクサンドラ・ブラウンが、ウールの洗濯とケアという見過ごされてきた業界にスタイルと責任感をもたらす
27 7 2016
ケア

ピリングとは?

27 7 2016
ピリングとはウール衣類の表面にふわふわした毛玉ができることを指します。外観を損ない、着古した印象を与えがちなものです。
27 6 2016
ケア

衣類から毛玉を取り除く方法

27 6 2016
毛玉が起こるかどうかを見極めるのは難しいですが、衣類からさっと毛玉を取り除くことができます。
27 6 2016
ケア

毛玉を避けるには

27 6 2016
簡単なステップに従うことで、お気に入りのウール衣類の毛玉を防ぎ、新品のような外観と手触りを保つことができます。