Your browser is not fully supported. Please upgrade your browser.

スキップする
Performance

NAGNATAで自由に動く


新たな世代のブランドが、きらびやかな魅力や収益よりも、ブランドの社会的責任に重きを置くようになってきています。

世界中の消費者が、従来よりも賢くお金を使うようになってきました。消費者は、形ある物を求めているだけでなく、自分のお金がポジティブなムーブメントを支えているか、意識的な選択をしているかどうかを知りたがっています。ブランドに居住まいを正させ、耳を傾けさせ、うまくいけば行動を起こさせるのは、消費者のこうした要求です。

市場に参入してから比較的まだ日が浅い NAGNATAは、社会的責任と自らが持つ影響力に意識を向ける、新たな世代のブランドの一翼を担っています。NAGNATAはサステナブルな製造と方向性を持ったデザインを慎重に摺り合わせながら、プレミアムなテキスタイルのイノベーションを採り入れています。NAGNATAのコレクションは、ヨガやピラティス、ダンス、トランジショナル・アイテムのファッションとアクセサリーに焦点を絞り、それがアクティブな現代女性のためのプレミアムなファッション&ライフスタイル・ブランドとして確立されました。オーストラリアのファッションデザイナーでスタイリストのクリエイティブ・ディレクター、ローラ・メイが創設し、後にテキスタイル・アーティストでカメラマンでもある妹のハンナが加わりました。二人はファッション、テキスタイル、アート、ヨガ、ダンスの各分野におけるそれぞれの経験を活かし、ファッション業界を取り巻く慈善事業にまで及ぶ多面的なプラットフォームを構築しました。

「サステナブルな方法で作ったファッションを追求するからといって、スタイルとクオリティを犠牲にする必要はないと確信しています」とメイは語ります。

「NAGNATAはきらびやかな魅力や収益以上に、ブランドとしての社会的責任と、自らが持つ影響力に思いを寄せる、新しい世代のデザイナー達の一翼を担っています」とメイは語ります。「コレクションを手がける際に私達が心掛けるのは、『サステナビリティを考慮したデザイン』です。それは、最も環境に配慮した選択肢であることと、そうでありながらクオリティの高い、できれば一生ものの服ができることという条件を、絶え間なく摺り合わせることです。私達はコレクションとブランド・メッセージを通して業界の価値観を再定義し、ファストファッションという大量消費の蔓延に挑戦しようとしています。サステナブルな方法で作ったファッションを追求するからといって、スタイルとクオリティを犠牲にする必要はないと確信しています。サステナビリティに配慮することは、デザイナーとしての私達の責務ですし、業界と消費者の行動に影響を与えることに一役買えます」

NAGNATAはサステナビリティを念頭に置き、ホットヨガやピラティス、サイクリング、ダンス、カーディオ・エクササイズ向けのシームレス・ニットウェア・コレクションを独自に開発するためにオーストラリア産メリノウールを選び、NAGNATAのこれまでのコレクションの中で最も環境に優しい商品を生み出しました。縫い目を最小限に抑え、高い天然繊維の混用率でデザインされたこのコレクションは、オーストラリア産のスーパーファイン・メリノウールとテンセルを混紡し、通気性とサステナビリティ、そして極めて柔らかい手触りを実現しています。デザイナーは従来のウールのメンズスーツからインスピレーションを得て、千鳥格子のジャカード・ニットのパターンを作り、それをNAGNATAを象徴するカラーブロックやレトロスポーツのデザインと組み合わせました。

「デザイナーである私達は、デザインやテキスタイルのイノベーションに駆り立てられます。私達には、まだ市場に登場していない革新的な高機能ウールのシームレスなニット地を開発するという目的があり、その生地は第2の皮膚のように肌ざわりがいいもので、天然繊維をできるだけ高い混用率で使いたいと思っていました。メリノウールを(編む過程で圧縮と安定性に通常求められる高い比率の合成繊維ではなく)テンセルと混紡することで、ウールが元々持っている通気性、防臭効果、伸縮性、湿度と温度の調整機能といった機能性を最大限に引き出すことができました」

「最初にウールを使用したいと思ったのは、ウールがナチュラルで生分解・再生可能な繊維であり、サステナビリティが高いからでした。けれどウールはまた、世界で最も技術的に進んだ繊維でもあり、着る人の体と完全に調和します」

Gallery

オーストラリア産メリノウールを(編む過程で圧縮と安定性に通常求められる高い比率の合成繊維ではなく)テンセルと混紡することで、NAGNATAはウールが元々持っている通気性、防臭効果、伸縮性、湿度と温度の調整機能といった機能性を最大限に引き出すことができた。

NAGNATAのデュオ・デザイナーは、ザ・ウールマーク・カンパニーの技術チームと緊密に協力しました。それにより、主要な毛織物工場と接点が生まれ、様々な編み機や紡績機を検討した上で、最終的にどの工場と仕事をするかを決めることができたのです。

「工場と密接な関係を持つことは、私達にとってとても重要ですし、私達は工程のすべての段階に関わりたいと思っています。また、こうすることで、メリノウールの用途の広さについても、もっと知ることができました。メリノウールを使って実現できるイノベーションの可能性は無限にあり、私達はすでに他の生地や製品を複数開発中です。一般に考えられている暖かいウールのニットウェアや従来のウールのスーツ以外にできることが、とてもたくさんありますから。最新のコレクションでは、あれほどイノベーションを採り入れたにも関わらず、NAGNATAのデザイン美学を維持することができました。これは私達二人にとって、非常に大切なことでした。妥協せずに、完全に満足できるまで自分達のアイデアを押し通したことを、誇りに思っています。このコレクションを見ると、すべてを一つにまとめるために要したプロセス、コラボレーションそして熱意が思い出されます。お客様がこのコレクションを見た時に、ユニークなスタイルや現代性や、動きやすいところを気に入ってくださったらいいなと思っています」

オーストラリア産メリノウールはナチュラルで生分解・再生可能な繊維であるだけでなく、世界で最も技術的に進んだ繊維でもあります。

自らの選択が環境に与える影響を意識するブランドや消費者は、まだ少数ではあるものの急速に増えており、NAGNATAはこうした人々の一翼を担っている。ファッション業界が世界でも有数の有害な業界であることは広く知られており、ファストファッションがますます勢いづいていることは、もちろん解決にはなりません。消費者である私達は、天然繊維を選ぶことによって、より責任あるお金の使い方ができます。英国で「デイム」に叙せられたヴィヴィアン・ウエストウッドの、「必要なものだけを買い、しっかり選び、長持ちさせること」というメッセージは有名です。デザイナー同様、ブランドも、毒性のない染料を使い、合成繊維の使用を最小限に抑え、合成繊維が肌に触れるのを防ぐために天然繊維でコーティングさえするというNAGNATAの選択のような意識的な決定を下すことができます。

「皮膚は人間の最も大きな器官であり、着用する服に含まれる毒物や化学物質を吸収します。合成繊維はおもに石油からできており、こうした石油化学製品を皮膚から吸収したくはありません。特に、ヨガや呼吸に意識を向けるエクササイズをしている時は、毛穴がとても開いていますから。NAGNATAはワードローブのサステナビリティに関して、すべての女性により良い選択肢を提供できます。当社のお客様はスタイルを気に入り、多用途に使えて、長持ちして、サステナブルな高品質のアイテムに投資してくれます。高い意識を持っているブランドだけを支持することによって、物を買う行為で真の変化を起こせるとわかると、女性であろうと誰であろうと勇気づけられます。私達は新しいブランドなので、より多くの人に私達の環境メッセージを届けるという仕事に関しては、まだまだしなければならないことがたくさんあります。それでも、現在までに下してきた環境に配慮した選択に関しては満足しています」

Latest news
25 5 2020
DIY

インターナショナル・ウールマーク・プライズのデザイナーによるニッティング・パターン

25 5 2020
ダウンロード可能な無料のニッティング・パターンは、インターナショナル・ウールマーク・プライズのファッション・デザイナーにより作成され、デザイナーによるパターンをあなたの手元で編み上げることが可能です。
25 5 2020
Newsroom

インターナショナル・ウールマーク・プライズのデザイナーによるニッティング・パターン

25 5 2020
ダウンロード可能な無料のニッティング・パターンは、インターナショナル・ウールマーク・プライズのファッション・デザイナーにより作成され、デザイナーによるパターンをあなたの手元で編み上げることが可能です。
06 3 2020
Fashion

WARDROBE.NYCがトレーサブルなメリノウールによる「Release 05 Tailoring」コレクションをローンチ

06 3 2020
必要不可欠なワードローブに焦点を当てたWARDROBE.NYC(ワードローブ エヌワイシー)はニューヨークを拠点とするファッションブランドです。メンズ/レディース共にデイリーに着用する服をシンプル化しながら拡充することを目指しており、特に今季はトレーサブルな100%オーストラリア産メリノウールを使用しています。
20 10 2019
Fashion

BYBORREが20年春夏 TDK Edition™のメリノミニコレクションを開催

20 10 2019
アムステルダムに拠点を置くテキスタイル製品スタジオBYBORREはテキスタイル製品の技術革新に新境地を開き続けています。今回、メリノウールのミニコレクションを開催しました。

リサ・グリプラス(Lisa Griplas) はメディア&コミュニケーション業界で10年以上の経験を持つ。ジャーナリストだったリサは新聞社で数年間働いた後、ザ・ウールマーク・カンパニーに移り、グローバルエディターとして今日に至る。