Your browser is not fully supported. Please upgrade your browser.

スキップする
ウールのお手入れ方法

一般的なお手入れ


洗濯方法に関係なく、衣類を裏返して洗濯することをお勧めします。そうすることで、新品時の風合いと手触りをより長く保てます。色移りを避けるために、濃い色と薄 い色の衣類を洗濯前に分けてください。また、濡れている状態で濃い色と薄い色の衣類を一緒にしないでください。ウール衣類の洗濯時には、その他の一般的な取り扱い表示の指示にも従ってください。

ウールのお手入れ

ポケットの中身は空に  保管したり洗濯する前に、たるんだりふくられたりしないよう、ポケットの中身を空にし、ベルト、宝石、その他のアクセサリーを外します。ファスナーやボタンは留めた状態で保管して下さい。

ブラッシング
織布衣類の場合は、着用後に、やわらかい衣類用ブラシを使用して、タテ方向にブラシをかけて、後でしみになりそうな表面の汚れを落とします。ほこりやちりはウール製品の外観を損ねます。

風通し
たばこや食物の匂いを取るには、ウール製品をベッドやタオルの上に1時間平置きして下さい。織布衣類は、衣服に合ったハンガーにかけて風通しをします。

織布衣類はつるし、ニットは畳んで
織布衣類は、型付きまたはパッド付きのハンガーにかけます。ニット製品は畳んで引き出しにしまいます。

衣服を休ませる
次に着用するまで、24時間はウール製品を休ませてください。そうすることで、ウール繊維の自然の回復力と弾力により、元の形状に戻ります。

リフレッシュ
開封後や着用後にウール製品を蒸気のこもった浴室に吊るしておくことで、蒸気により、しわが取れてよみがえります。

直射日光や熱を避けて陰干し
ウールが濡れた場合には、直射日光を避け、室温で乾かしてください。

アイロンがけ
ウール製品の多くはアイロンをかける必要はありませんが、生地がとても滑らかなものはアイロンがけで風合いが良くなる場合があります。ウールをアイロンがけする際は、常にスチームを使用してください。アイロンをウール設定にし、完全に乾いているときにはアイロンをかけないようにします。

軽量製品のお手入れ
軽いウール製品では、しわを取るのにやや長い時間がかかることがあります。中温で湿った布またはスチームアイロンを使用してアイロンをかけると、しわが取れます。

長期の保管
まず、ウール製品をきれいにしてください。食べ物の染みや体の皮脂は、虫食いの原因になりやすいため、気密性のあるバッグや容器に入れ保管してください。

おく必要があります。理想的には、ウールマーク認定の防虫剤をお勧めします。ただし、防虫剤が直接衣類に付かないようにします。ウールのお手入れ法に関するより詳細な情報は、ウールマーク・ケアガイドをダウンロードしてください。

リサ・グリプラス(Lisa Griplas) はメディア&コミュニケーション業界で10年以上の経験を持つ。ジャーナリストだったリサは新聞社で数年間働いた後、ザ・ウールマーク・カンパニーに移り、グローバルエディターとして今日に至る。