Your browser is not fully supported. Please upgrade your browser.

スキップする
ウールについて

繊維

100%天然かつ再生可能で生分解性を持つオーストラリア産メリノウールは、素肌に着けて感じる柔らかさ、耐久性、生来の多用途性、機能性によって世界に知られている。オーストラリア産メリノウールの持つ多用途性により、ラグジュアリーなファッションから高性能なアクティブウェア、小物、生活雑貨、その他もろもろにまでその活躍の場は広がっている。

ウールの特質 


100% 天然
ウールはオーストラリアにいる7100万頭の羊が水、空気、日光、草というシンプルな組み合わせから生み出す、一年を通して産出可能な100%天然の繊維だ。
 

100% 生分解可能
ウール繊維が廃棄されると、大地に貴重な栄養をゆっくりと放出しながら、数年の間に土の中で自然に分解される。
 

100% 再生可能
オーストラリアの羊は毎年新しい羊毛を生み出すため、ウールは完全に再生可能な繊維となっている。

しわになりにくい
顕微鏡で見てみると、メリノウール繊維の1本1本はバネのようにコイル状になっており、折り曲げられた後でも元の形に戻る性質を持っている。このため、メリノウール製の衣類はしわになりにくい。
 

革新的
ファッションデザイナーやアクティブウェアブランドは、さまざまな革新的な処理加工や製造技術により、メリノウール製の衣類に施す独特な質感や仕上げを生み出すことができる。
 

天然の吸放湿性
メリノウールは最も吸放湿性に優れた繊維の1つだ。ウール繊維は湿気を大量に吸収し、大気中に放出させることができる。
VIDEO
運動に適したウール

暖かく涼しい
合成繊維とは対照的に、メリノウールは体温の変化に反応するアクティブファイバーだ。そのため、寒い日には身体を暖かく、暑い日には涼しく保ってくれる。
 

防臭機能
合成繊維とは対照的に、メリノウールは湿気を吸収し、身体に残る汗の量をより少なくできる。またメリノウールは汗のにおい分子まで吸収し、洗濯時まで閉じ込める。
 

素肌に柔らか
メリノウール繊維は非常に細いため、より硬い従来のウール繊維よりはるかにしなやかだ。そのため、メリノウールは素肌に着けても柔らかく、贅沢な素肌への優しさを感じることができる。
 

天然の伸縮性
天然の弾性により、メリノウール製の衣類は着用者の動きに沿って伸縮し、元の形に戻ってくれる。そのため、メリノウール衣類は運動時の着用に最適だ。
 

手入れが簡単
大半のメリノウール製の衣類は洗濯機や乾燥機にかけることができるため、「ウールはどう洗濯すればいいのか」というよくある質問にシンプルな解決策をもたらしている。
 

防しみ性
メリノウール繊維にはシミの吸着を防ぐのに役立つ天然の防護外層がある。また、メリノウールは静電気を起こしにくいため、ホコリや糸くずもつきにくい。
ビデオ
お気に入りのアイテムを見つけよう

ウールは最も再生・リサイクルされている繊維
ウールは新品の繊維供給の内わずか1.2%しか占めていないが、調査によればチャリティに寄付された衣類の内5%がウールであることが示されている。またウールは衣類、マットレス、インテリア用品など、長持ちする新たな製品へと再生させるにあたって最も需要の多いリサイクル・テキスタイルの1つに数えられている
 

難燃性
その固有の化学構造により、ウールは天然の耐火性を持っている。そのためウールは、ホテル、航空機、病院、劇場などの公共の場において高い信頼性を得ている天然繊維となっている。コットンは255℃で火がつくが、ウールは570~600℃に達するまで発火しない。ポリエステルは252~292℃で溶け、ナイロンはさらに低い160~260℃で溶けるが、ウールは決して溶けることはないため、多くの一般的な合成繊維のように肌に張り付いてしまうことはない。
 

UVプロテクション
メリノウールの衣類は他の繊維に比べ、日光からの保護性能が高い。自然の力から羊を守るために何百万年もかけて進化してきた天然繊維であるメリノウールは、紫外線を吸収し、日光から守ってくれる。そのために、メリノウールはアウトドアでの活動に適した素材となっている。

 

The complex chemical structure of a wool fibre is what allows it to have so many inherent benefits.

 

ザ・ウールマーク・カンパニーはウールに生来備わっている天然のメリットの裏側にある科学と、ウールという繊維が環境に与える影響について説明した一連のファクトシートを作成した。

繊維

メリノ ウールの歴史

ウールは野生の羊の毛皮を初めて身にまとった原始人、ウール用羊と食用羊を初めて区別したバビロニア文明、上質の羊毛を生産するための品種改良の明確な形跡が見られるローマ時代、ウールの隆盛を見たヨーロッパ中世にわたり、何千年もの間、衣類として用いられてきた。18世紀末までには、産業革命によってテキスタイル産業の場は自宅から作業場や工場へと移った。

さらに読む
Latest News
13 8 2018
繊維

マイクロプラスチックの増加

13 8 2018
海洋にあるマイクロプラスチックのうち実に35%が合成繊維由来であり、その量は増え続けている。それに比べてウールなどの天然繊維はすばやく生分解されるため、環境への影響が少ない解決法となる。
02 11 2015
繊維

ウールの特質

02 11 2015
多くの一流デザイナーやインテリアデザイナーが、オーストラリア産ウールを選択しています。