Your browser is not fully supported. Please upgrade your browser.

スキップする
ウールについて

牧羊業者

ウールは何千年もの間、衣類として用いられてきた。そしてメリノ羊は何世代にもわたってオーストラリアのアイデンティティの重要な一部となってきた。オーストラリアの何万人もの牧羊業者が大地とつながり、投資をし、敬意と注意をもってウールを扱い、このもっともオーストラリアらしい伝統に継続して従事してきた。そして大きな誇りをもって世代から世代へと技能の継承を続けている。

オーストラリア産メリノの牧羊業者はたゆみない努力を払って、羊と羊が育む放牧地の手入れを行っている。なによりメリノ羊が健康であることが大切だからだが、きわめて単純なことに、これは最良のウールを生産することにつながるからでもある。非常に高水準の動物福祉、土地や水資源の責任ある利用や、動物、家族、地域社会、そして地球のためのサステナブルな牧羊といったものへのコミットメントが、メリノ羊の牧羊業者の利益となるのである。

牧羊業者

よりグリーンな未来に向けて

グリーニング・オーストラリアは牧羊業者との協力を通じて、その名が示す任務を着実に果たしている。「最高レベルの科学技術を利用して環境が直面する問題を理解し、計画を実施するためならどこからでも資金を調達します」と説明するのは、同非政府組織タスマニア支局の環境保護ディレクター、セバスチャン・バージェス氏だ。近年、バージェスと彼のチームは「タスマニア島アークプログラム」の対象地域である、コナラ、キャンベルタウン、ロス、タンブリッジとその周辺を網羅するタスマニアのミッドランドに重点的に取り組んできた。

さらに読む

オーストラリアの牧羊場のほとんどは家族所有・家族経営を続けており、農村部や地方では羊毛産業への依存度が高い地区が多く存在する。この地域社会特有の結束が、過去200年間にオーストラリアの牧場経営者がメリノウール生産において成し遂げた偉大な進歩に貢献してきた。今日、牧羊業者が、オーストラリアの羊毛産業が世界最先端であることを誇りに思っているのはもっともなことだ。これほど効率的で、透明性が高く、高度に発展した羊毛のマーケティングシステムを擁する国は他に見られない。訓練を受け登録された羊毛鑑定人が17,000人以上おり、輸出されるメリノウールのほぼすべてが独立した検査試験を受けている

ビデオ
Grower Spotlight

東海岸の多雨地域から西部の牧畜に適した乾燥地域に至るまで、牧羊業者は牧場の水路、渓谷、丘陵、そして自生の植物や動物などの天然資源の保全、保護、改善に取り組んでいる。実際、牧場を離れる際に、その土地の状態を自分たちの到着時より良いものにしようという目標を掲げる牧場経営者も多い。

現代のこだわりを持つ顧客にとっては、倫理的で環境に配慮した牧羊は衣類そのものの品質と同じように重要なものであり得る。オーストラリアの羊毛産業は先進的で透明性が高いため、ウールを生産地まで追跡することができ、消費者にメリノウール衣類の出所と品質に信頼を提供する。

Latest News
03 10 2018
牧羊業者

オーストラリアで出会った環境を守る牧羊業者

03 10 2018
イタリア出身の映画プロデューサーで、近年はその精力的な環境保護活動で知られるリヴィア・ファース。俳優コリン・ファースの妻としても知られるリヴィアのサステイナブルなファッションへの探求が、ザ・ウールマーク・カンパニーのサポートを得て、長い歴史を持ち、大切な未来を見据える上質なウールの生産者がいるオーストラリアのタスマニアへの旅へと導いた。
01 3 2018
牧羊業者

よりグリーンな未来に向けて

01 3 2018
グリーニングオーストラリア(Greening Australia “オーストラリアの緑化”)は羊毛生産者との協力を通じて、その名が示す任務を着実に果たしている。