Your browser is not fully supported. Please upgrade your browser.

スキップする
ウールケア

衣類の収納ガイド


一年分の服の山の中から毎日何を着るかを探し出すのは、大変無駄な作業だ。けれども事前にほんの少し計画するだけで、衣類は全て収まるべきところに収まり、クローゼットの中は衣類ジャングルから穏やかなオアシスへと生まれ変わるだろう。

季節に合わせた収納は、ミニマリストのブログで見るようなすっきりと整頓されたワードローブにするためだけではなく、衣類を最高のコンディションに保つためでもある。必要のない服は、オークションで売ったり、チャリティに寄付してしまおう。

虫食いやカビ、ホコリ、度重なる着用による摩耗を避けるために、オフシーズンの衣類を最高の状態で収納する方法をご紹介しよう。

圧縮袋

圧縮袋での収納は衣服を守るだけでなく、クローゼットの省スペースにもつながり、当然のことながら外出前の身支度も楽になる。圧縮袋は透明なので、急に冷え込んだり気温が上がったりして季節の変わり目のアイテムが必要になった場合にも、すぐに見つけて取り出すことができる。

欠点は、時々袋を圧縮し直す必要があるということと、通気性が悪いということだ。また、デリケートな衣類には向いていない。湿気を閉じ込めてしまう点も気になるが、これは吸湿剤を入れれば防ぐことができる。

衣類保存袋

圧縮袋ほどスペースの節約にはならないが、綿あるいはウール100%の衣類袋は通気性が良いため、デリケートな衣類にはこちらの方が安心だ。服を薄い紙に包んでおけば、黄ばみを防ぎ、保存するときに他の服のジッパーが引っ掛かってしまう心配もない。

収納ケース

圧縮袋に比べて手軽だが、ケース自体がスペースを大きく取ってしまうのが難点だ。

収納ケースは、たくさんたまりがちな夏のTシャツやショートパンツなど、そしてジーンズなど厚手の衣類の収納に向いている。吸湿剤を入れておくと、湿気を取り、カビの発生を防ぐことができる。

防虫剤ではなくシダーウッド(杉)

防虫剤は独特のにおいがきつく、しかもそのにおいがなかなか取れない。天然素材のシダー ウッド の木片をお勧めする。香りも良く、防虫剤に劣ることのない防虫効果がある。シダーウッドのハンガーはスーツをかけるのに便利で、毎日の着用による湿気も吸収してくれる。

革素材や毛皮を収納する場合、シダーウッドは繊維を乾燥させてしまうので注意が必要だ。その場合には、代わりにラベンダー入りサシェを使うと良いだろう。

衣類収納のコツ

ベンジャミン・ジャッド(Benjamin Judd) はシドニーをベースとするライターで、『Sydney Morning Herald』や『Australian Financial Review』を含むオーストラリア最大規模の出版物に掲載されてきた。また随時ラジオに出演し、現代のメンズ スタイルについて語っている。