Your browser is not fully supported. Please upgrade your browser.

スキップする
ウールケア

ウールにアイロンをかけられますか?


ウールにはしわになりにくい特性がありますが、一部のメリノウール衣類で軽いアイロンがけが必要となる場合もあります。(ラベル表示に記載されている場合に限りす)。

メリノウール衣類に洗濯・乾燥後アイロンが必要か否かは、しわの数や衣類の全体的な外観で決まります。

一般に、厚手のニット等の重いウール衣類には洗濯中にしわがつきにくいため、アイロンが不要なことが多いでしょう。アイロンの必要性は主に個人の好み次第です。

アイロンをウール設定か中温にします。高すぎる温度設定は変色や、アイロン跡の原因になる可能性があります。

衣服を平置きして手で優しく形を整えます。アイロンを当てる前に衣類に軽く霧吹きをしましょう。または、アイロンのスチーム機能を使って湿気を与えましょう。しわが取れやすくなり、再び形を整えやすくなります。

 

過大な力を加えないようにしましょう。セーターの表面のてかりの原因になります。

アイロン跡の原因となりますので、決してアイロンを衣類に当てたまま放置しないようにしましょう。

アイロン後は、衣類をなめらかで硬い平面におよそ5分間平置きし、その後ニットウェアは畳み、毛織物は吊るして保管しましょう。そうすることでしわを防ぎます。

スプレー式ののりは使用しないで下さい。セーターにしみが残る可能性がありますのでスプレー式の柔軟剤や仕上げ剤の使用は避けることをおすすめします。

衣服の縫い付けラベルに「アイロン不可」と表示されている場合にはアイロンをかけないで下さい。

Latest News
20 12 2017
ウールケア

ウールのセーターの乾かし方

20 12 2017
メリノウール・セーターの見た目や肌触りを損なわずに乾かすための役立つガイド。これらのヒントに従ってウールのセーターを正しく乾かそう。
26 7 2016
ウールケア

ピリングとは?

26 7 2016
ピリングとはウール衣類の表面にふわふわした毛玉ができることを指します。外観を損ない、着古した印象を与えがちなものです。
26 6 2016
ウールケア

衣類から毛玉を取り除く方法

26 6 2016
毛玉が起こるかどうかを見極めるのは難しいですが、衣類からさっと毛玉を取り除くことができます。
20 6 2016
ウールケア

メリノウールはドライクリーニング可能ですか?

20 6 2016
お持ちのメリノウールの衣類にドライクリーニング可能との表示がある場合には、問題なくクリーニング店に持ち込むことができます。

リサ・グリプラス(Lisa Griplas) はメディア&コミュニケーション業界で10年以上の経験を持つ。ジャーナリストだったリサは新聞社で数年間働いた後、ザ・ウールマーク・カンパニーに移り、グローバルエディターとして今日に至る。