Your browser is not fully supported. Please upgrade your browser.

スキップする
私たちの理念

動物


牧羊業者の健康や幸せが、飼育している羊たちの健康や幸せに
密接に関係しています。

2001年以降、オーストラリアの牧羊業者は、7,450万豪ドルを羊たちの健康や幸せに重点を
おいた研究開発に投資しています。

オーストラリアの羊は主にメリノ種でオーストラリアの気候と地形に適応するように生きてきた200年以上の歴史がある品種です。この適応により、羊たちが自由に歩き回り、牧羊業者が休むことなく最良の管理方法で羊たちの世話をする一方で、メリノ種は世界最高級のウールを生み出すことができます。

私たちはオーストラリアの牧羊業者と動物愛護団体と共に、オーストラリアの厳格な動物愛護法が理解されるよう取り組みを行っています。また、愛護法と一致させる為、牧羊業者が豊富な情報と研究にアクセスできるようにしています。

ザ・ウールマーク・カンパニーとオーストラリアの牧羊業者にとって、オーストラリアの羊の健康と幸せは共通の関心事項です。私たちは、牧羊業者が何世代にも渡って培ってきた、直感的な知恵に基づいた革新的な持続可能な畜産業を行えるよう、サポートしています。 

メリノ種の1年の生活

動物愛護


ザ・ウールマーク・カンパニーは、オーストラリアの牧羊業者を代表する団体として、特にオーストラリアで動物愛護のリーダー的存在である2つの団体と密接な関係にあります。それは Royal Society for the Prevention of Cruelty To Animals (RSPCA)とAustralian Veterinary Association (AVA)です。

動物愛護のリーダーと共にザ・ウールマーク・カンパニーは、オーストラリアの牧羊業者は、大学、業界の組織、政府機関、研究所と協力して、動物が最良の愛護を受けられるよう、科学的に実証された管理方法が行われるようにしています。

オーストラリアのメリノ種の健康問題の1つに、羊を衰弱させるハエうじ症という病気に感染しやすい特徴があります。 オーストラリアの牧羊業者は積極的に研究者や業界と協力し、オーストラリアの羊をこの病気から守る取り組みを行っています。

ハエうじ症と戦う為、オーストラリアの牧羊業者はこれまでに4,000万豪ドルを投資しました。

オーストラリアの牧羊業者から始まった最新の研究プロジェクトでは、ハエうじ症予防ワクチンの開発を目指しています。類を見ないこの研究は、最先端のゲノミクスを活用し、世界初のハエうじ症予防ワクチンの生産を目指しています。

科学やテクノロジーの新しい革新に投資すると共に、オーストラリアの牧羊業者は羊たちの日々の幸せの為、何世代にも渡って自然と共に生き、取り組み、培ってきた知識と愛情を持って羊たちのお世話をしています。

オーストラリアの羊毛牧場の大半は家族経営です。つまり、羊たちの生活サイクルと季節の移り変わり目に順応した方法で、家族一丸となり羊の群れを管理しているということです。

「私の羊たちが健康で幸せでいることを見るのに喜びを感じます。羊が幸せだと、私も幸せになります。私たちはこの場所を、健康で幸せな場所にしたいです」
– Georgina Wallace、タスマニアの牧羊業者、Australian Association of Stud Merino Breeders初の女性委員長
– Georgina Wallace、タスマニアの牧羊業者、Australian Association of Stud Merino Breeders初の女性委員長


牧羊犬


牧羊犬は、オーストラリアの牧羊業者にとって重要な家族です。最も一般的な牧羊犬種は、オーストラリアン・ケルピーとボーダー・コリーで、羊を集める為に働きます。

知能、忠誠心、勤勉さで知られるこれらの牧羊犬は、羊を集めるプロです。牧羊犬は、羊を集める訓練をきちんと受けて、羊にストレスがかからない方法を取るようにしています。

オーストラリアの羊毛産業における動物愛護の情報については、ザ・ウールマーク・カンパニーまでお問い合わせください。

私たちの精神についてもっと知る: 人々 | 環境